ここから本文です

DeNA筒香 24歳主将が初CSけん引「チーム全員がMVP」

スポニチアネックス 9月20日(火)7時1分配信

 ◇セ・リーグ DeNA3―1広島(2016年9月19日 横浜)

 ここで満足するわけにはいかない。DeNA筒香は驚くほど素っ気なかった。2―1の6回2死二塁で貴重な追加点となる右前適時打を放ったが、24歳の主将は淡々としていた。

 「CSが決まったなと、ただそれだけです。決まった瞬間はそこまでうれしくなかった。優勝を目指してきて、それができなかったので。いや、うれしくないというのもおかしいんですけど…。いつも通り、試合に勝ったときと同じです」

 生真面目な性格だ。「あまり言うタイプではないけど、気づいたことは言っていこう」と決めた主将2年目。チームが連敗しているとき、雰囲気が良くないと感じたとき、何度となく選手同士の話し合いの場を持った。4月に遠征先で初めて呼び掛けた。早朝まで何を話すか、紙に書いては反すうした。気づけばA4の6枚の両面がびっしりと文字で埋まっていた。

 42歳で現役最年長の三浦からはこう言われた。「遠慮なくやってくれ。ロッカーはリラックスできる空間だから、どう声を掛けようが騒いでもいい」。本拠地はもちろん、遠征先にも自らスピーカーを持参。ラテン系の音楽を大音量で流した。忘れたときには遠征先で購入してまで雰囲気づくりに努めた。「打席ではボールを打つことしかできない。だから準備は大事」。若いチームを勢い付ける原動力となった。

 40本塁打、102打点。セの2冠王は文字通りグラウンド内外で先頭に立ってきた。ラミレス監督はチームのMVPを問われて「隠すことなく筒香だ」と言ったが、筒香の意見は違っている。

 「僕は1人でやってきたわけではない。チーム全員がMVPです」

 指揮官の言葉で一番胸に刻んだ言葉がある。「次は絶対やり返そう」。下克上。日本一になって今度こそ笑ってみせる。

最終更新:9月20日(火)17時31分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。