ここから本文です

トリュフォー“アントワーヌ・ドワネル”シリーズ5作品をオールナイト上映

映画ナタリー 9月20日(火)12時14分配信

「世界の映画作家Vol.176 トリュフォー『アントワーヌ・ドワネルの冒険』」と銘打たれたオールナイト上映が、9月24日深夜から翌朝にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これはフランソワ・トリュフォーが監督を務め、ジャン=ピエール・レオがアントワーヌ・ドワネルという名前の主人公を演じた一連の映画を一挙に上映するもの。「大人は判ってくれない」「二十歳の恋」「夜霧の恋人たち」「家庭」「逃げ去る恋」がスクリーンにかけられる。

チケットは劇場窓口およびチケットぴあにて販売中。

世界の映画作家Vol.176 トリュフォー「アントワーヌ・ドワネルの冒険」
2016年9月24日(土)東京都 新文芸坐
開場 21:00 / 開映 21:15 / 終映 翌5:10(予定)
<上映作品>
「大人は判ってくれない」
「二十歳の恋」
「夜霧の恋人たち」
「家庭」
「逃げ去る恋」
料金:一般 2800円 / 前売り券、友の会 2600円
※前売り券完売の場合、当日券の販売はなし
※18歳未満は入場不可

最終更新:9月20日(火)12時14分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。