ここから本文です

田川寿美 新曲発売イベントで再婚に意欲「まだ40歳。あきらめません」

東スポWeb 9/20(火) 14:46配信

 デビュー25周年を迎えた演歌歌手・田川寿美(40)が20日、東京・中央区の銀座山野楽器本店で一日店長を務めた。

 25周年記念曲第2弾で、12年ぶりの両A面シングル「哀愁酒場/火の舞」(21日リリース)の発売記念として行われたイベントで、「私は関西人なので『いらっしゃい、いらっしゃい』とか声を出したい。『安いよ!』ともいってみたいけど、安くできないのでね」と笑顔を見せた。

「哀愁酒場」は酒場で相手を待ちこがれ、しみじみと酒を飲むという「王道の演歌」。田川は「私も酒場にはよく行きます。日本酒が大好きで、冷や酒にお刺し身があれば最高です」。

 一方、「火の舞」は恋に情熱的な女性を歌った作品で「タイプの違う2曲で勝負してみます」と力が入る。

 昨年に離婚し、現在は4歳の息子を持つシングルマザーの田川は自身の恋愛について聞かれると「恋はしていないですね。まだ40歳か、もう40歳か。ただ、再婚はあきらめていません。でも、実際に再婚をしたら息子はヒヤッとすると思う」と話した。

最終更新:9/20(火) 14:46

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]