ここから本文です

スマホの翻訳アプリで飛び降り自殺止める、米ロサンゼルス警察

AFP=時事 9月20日(火)17時4分配信

【AFP=時事】米カリフォルニア(California)州ロサンゼルス(Los Angeles)の空港で先週、朝鮮語しか話さない男性が飛び降り自殺を図ろうとしていたところ、駆けつけた警官らがスマートフォンの翻訳アプリを使って説得し、無事救出していたことが分かった。

 19日の警察発表によると、通報を受けた警官らが駆けつけた際、この男性は空港にある立体駐車場の4階の梁(はり)に乗っていた。警官らは取り乱した男性に話しかけようとしたが、男性は朝鮮語しか話さなかった。

 そこで、警官らは即座にスマートフォンの翻訳アプリを使い、男性に近づいてスマホを見るよう呼び掛けた。「マイケル・ディア(Michael Dear)巡査が、スマートフォンの翻訳アプリを見るよう、男性に差し出して説得したところへ、素早くバート・カストロ(Bart Castro)巡査とダニエル・クロッケル(Daniel Krockel)巡査が梁へ飛び移り、男性を確保した」という。男性は支援していた空港警察に無事引き渡され、後に治療のために精神科の治療施設へ搬送された。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月20日(火)17時25分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。