ここから本文です

チャンス待つ!阪神・望月「また、あの場所(1軍)に戻りたい」

サンケイスポーツ 9月20日(火)7時0分配信

 阪神・望月惇志投手(19)が19日、鳴尾浜で2軍の休日返上組とともにトレーニングした。当初、この日の巨人戦(甲子園)に先発する予定だったが、前日18日の同戦が雨天中止となったため登板機会が消滅。今後は2軍で汗を流し、再度のチャンスを待つ。

 望月はウエートルームにこもって、黙々と汗を流した。トレーニング後、プロ初登板初先発が流れた感想を口にした。

 「投げたかったという気持ちはあります。(1軍は)2日だけでしたけど、雰囲気を味わうことはできました」

 17日に1軍に合流して19日のデビューに備えていたが、前日18日の巨人戦(甲子園)が雨天中止で登板機会が消えた。地元横浜から家族を招待するプランもあったが、天気には勝てなかった。

 ただ、今季中の登板機会が完全になくなったわけではない。すでにチームのクライマックスシリーズ出場はなくなった。金本監督も「どこかでとは思っている」と話しており、今後の状況次第では24日からの中日2連戦(ナゴヤD)などで再びチャンスが巡ってくる可能性がある。

 望月も「また、あの場所(1軍)に戻りたいと思っています」と目を輝かせた。20日からは2軍本隊に合流予定。1軍登板に備えて、コンディションを整える。

最終更新:9月20日(火)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)