ここから本文です

「がん撲滅」で協力確認 韓米日保健相会合

聯合ニュース 9/20(火) 12:19配信

【ソウル聯合ニュース】韓米日3カ国は19日(米東部時間)、米ニューヨークで保健相会合を開き、がん研究支援の強化、がん予防・検診・診断方法の拡大、国家間データの標準化などについて話し合った。韓国保健福祉部が伝えた。

 会合には、米国のがん撲滅プロジェクトを指揮するバイデン副大統領、バーウェル米保健福祉長官、塩崎恭久厚生労働相、鄭鎮ヨプ(チョン・ジンヨプ)保健福祉部長官、各国のがん研究機関の関係者が出席した。

 韓米日は報道資料を通じ、「3カ国はがん撲滅を目標に国際コンソーシアムを組織し、全ての研究データや検査の分析結果の公開に向け協力することで一致した」と強調した。

 鄭長官は「韓国政府、国立保健研究院、国立がんセンターはがん撲滅に向けた国際協力に積極的に取り組む」との方針を示した。

最終更新:9/20(火) 13:43

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。