ここから本文です

【K-1】山崎完封のゴンナパーが継続参戦に意欲「ムエタイ最強を知らしめる」

イーファイト 9月20日(火)17時21分配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催された『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』の一夜明け会見が、20日(火)都内で行われた。

【フォト】試合後に勝ち名乗りを受けるゴンナパー

 スーパー・ライト級(-65㎏)ワンマッチで、山崎秀晃 (K-1ジム・チームドラゴン)に勝利したK-1初参戦のWPMF世界スーパー・ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)が、勝利の喜びを語った。

 当初、K-1 WORLD GP同級王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)が山崎を挑戦者に迎えて防衛戦を行う予定であったが、ゲーオが「おたふく風邪」にかかりドクターストップとなったため、ゴンナパーは大会わずか2日前に急遽代役として出場が発表された。

 試合前には「いつでも試合に出られるように練習しています」と話していたゴンナパー。その言葉通り、試合では準備期間が短いことを感じさせない戦いぶりを見せた。1Rには山崎の左フックで先制のダウンを奪われたが、すぐに強烈な左ローキックからの右フックでダウンを奪い返すと、その後も強烈な左ローを中心とした攻撃でアグレッシブに攻め立て、完勝を収めた。

「率直に勝てて嬉しかった」と笑みを浮かべたゴンナパー。1Rに奪われたダウンについては、「パンチが重くてびっくりしましたが、取り返せると思いました」と話す。さらに、「(山崎の)立ち姿を見ながらローが効いていると思っていましたが、一度転んだときに確信に変わりました」と、得意のローに自信を深めた様子だ。

 今後については「可能であればK-1で試合に出たい。65kgはベストな体重ではないので、62.5kgあたりでやりたいです」と継続参戦に意欲を示した。さらに来年2月に開催されるライト級(-62.5㎏)トーナメントについて、「ぜひ参加したいですね。ムエタイがナンバー1であることを知らしめたい」と意気込んだ。

 山崎に勝利したことで、対日本人14戦13勝(7KO)1敗となったゴンナパー。同日の会見でライト級に階級転向を表明したスーパー・フェザー級トーナメント覇者・卜部功也も、「強い選手が出てきてくれて嬉しい。ぜひ戦ってみたいですね」と、さっそく日本人キラーとの対戦に意欲を示している。

最終更新:9月20日(火)17時21分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]