ここから本文です

【K-1】前田憲作プロデューサーが退任

イーファイト 9/20(火) 20:17配信

 9月20日(火)都内で会見が開かれ、前田憲作氏がK-1プロデューサーを退任し、新たにK-1やKrushを運営するグッドルーザーの宮田充(みやた・みつる)代表が後任として発表された。

【フォト】挨拶を述べるK-1新プロデューサーの宮田充氏

 会見の冒頭、今回のプロデューサー交代について、「今後のK-1 WORLD GPでは、競技性を高めていくために、ジムの代表関係者ではなく、大会運営サイドからプロデューサーを立てていくこととなった」との方針が示された。

 前田氏は2014年5月29日の新生K-1旗揚げ会見からK-1プロデューサーに就任。元々は自身が設立したキックボクシングジム「チームドラゴン」の代表であった。

 新K-1プロデューサーとなった宮田氏は「これからK-1がより大きくなっていくうえで、競技性と公平性を高めていくためには、このようなかたちが良いということで決定しました」と今回の経緯を説明。

 前田氏に感謝の言葉を贈り、「これからについては前田さんがやってきたことと、また少し角度が変わっていくとは思いますが、新しいかたちでK-1を進めていきたく思いますので、よろしくお願いします」と挨拶した。

 また退任する前田氏は「K-1の公平性を考えると、仕方が無いことだと思っております。突然のことで、今は心を整えながら、納得いかない部分もありましたが、K-1がもっと良くなるためには仕方が無いことだと思っております。今まで支えてくれファンの皆様、仲間、妻、家族に心から感謝しています」と述べた。

最終更新:9/20(火) 20:18

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]