ここから本文です

オリンパス、PROライン初の高倍率ズームレンズ

Impress Watch 9月20日(火)11時13分配信

オリンパスは、マイクロフォーサーズシステムに準拠したプロユースの高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を、11月下旬から発売する。希望小売価格は、税込18万9000円。

【この記事に関する別の画像を見る】

本製品は、35mm判換算で焦点距離24-200mm相当の画角を実現する高倍率ズームレンズ。

手ブレ補正機構を搭載し、小型軽量・防塵防滴・耐低温(-10°)性能による機動性を特徴としている。高性能ラインのPROシリーズの新製品に位置付けられる。

対象ボディ(OM-D EM1 ファームウェア Ver.4.x、E-M5 Mark II ファームウェア Ver.2.x、PEN-F)との組み合わせにより、補正性能6.0段の「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応する。

最短撮影距離0.15m(広角端)または0.45m(望遠端)、最大撮影倍率0.6倍(35mm判換算時)のマクロ性能を備える。

外形寸法は77.5×116.5mm(最大径×全長)。質量は561g。

同梱の専用レンズフード「LH-76B」は、フードの着脱ロックボタンを見直し、不用意に外れない構造になっているという。

デジカメ Watch,飯塚直

最終更新:9月20日(火)11時13分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]