ここから本文です

樹木希林、夫は「何かのキャラクターみたい」

日刊スポーツ 9月20日(火)7時59分配信

 樹木希林(73)が19日、埼玉・ちちぶ映画祭最終日に行われた主演映画「あん」(河瀬直美監督)の舞台あいさつで、夫内田裕也(76)との関係について聞かれ「電話料金以外は全部払ってます」と明かした。

 観客から「今は内田さんとラブラブでは?」と聞かれると「一時は良い男だと思った時期もありましたけど、最近は何かのキャラクターみたいだと思ってます。ただ、あの方は私の方が先に死ぬと思っているらしく『お前、ハンコの置き場所はちゃんとしておけよ』とおっしゃってました」と笑わせた。

最終更新:9月20日(火)8時4分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。