ここから本文です

オリンパス、大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」

Impress Watch 9月20日(火)11時17分配信

オリンパス株式会社は、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した大口径レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」を11月下旬に発売する。

【この記事に関する別の画像を見る】

オリンパスのマイクロフォーサーズレンズで初となる開放F値F1.2の大口径レンズ。35mm判換算での画角は、焦点距離50mm相当の標準画角となる。プロユースを意識したM.ZUIKO PROシリーズの新製品。

レンズ構成は14群19枚。スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ2枚、E-HRレンズ1枚、HRレンズ3枚、非球面レンズ1枚といった特殊レンズをふんだんに使い、各種収差を徹底的に抑えたという。解像力に影響を及ぼす球面収差やコマ収差はもちろん、大口径レンズの課題である軸上色収差やパープルフリンジを低減。絞り開放から高い解像感を実現したという。ボケ描写やコマ収差対策にも力を入れたとする。

本体は防塵防滴設計。被写界深度目盛り、L-Fnボタンも備えている。L-Fnボタンでは、AF停止など、カメラ側のカスタム設定に応じた機能を割り当てられる。

最短撮影距離は30cm。最大撮影倍率は0.11倍。

外形寸法は70×87mm(最大径×全長)。質量は410g。

デジカメ Watch,本誌:折本幸治

最終更新:9月20日(火)13時45分

Impress Watch