ここから本文です

犯罪組織から逃れ国外へ 中米ホンジュラス、10年で7.4万人超移住

AFP=時事 9月20日(火)17時40分配信

【AFP=時事】中米ホンジュラスの若者ネルソンさんは、麻薬の密売を強要する凶悪な犯罪組織から逃れようと米国に渡った。しかし母親のマリーナさん(46)によれば、本国に強制送還されてから間もなく命を落とした。まだ23歳だった。

【関連写真】行方不明の息子のことを祈る女性

 ホンジュラスの国家人権委員会(National Human Rights Commission)によると、人口およそ800万人の同国で2004年から2014年の間に7万4000人以上もの国民が国外へ移住している。

 犯罪組織に3人の息子を殺されたヘラルディーナさんは今、娘のことを心配している。「娘は兄たちが殺されるのを目の当たりにしているの。家に押しかけてきたギャングたちは、彼女の口に拳銃を突っ込んで誰にも言うなと脅したんです」

 犯罪組織の犯行の目撃者としてAFPの取材に応じた他の人たちと同様に、ヘラルディーナさんもインタビューの条件としてフルネームを明かさないことを望んだ。

 ヘラルディーナさんの22歳と19歳の息子を犯罪組織「メガロコス(Megalocos)」が殺害した理由は、サッカーチーム「オリンピア(Olimpia)」のTシャツを着るなという警告に2人が従わなかったからだという。23歳の長男はメガロコスのメンバーになることを拒んだために殺された。

 マリアさん(43)は、2014年にギャングに誘拐されたきり行方が分からなくなった息子を捜し続けていた。マリアさんの妹やおいも捜索に加わってくれたが、しばらくしてそのおいは頭部に銃痕のある遺体となって発見された。


■闘う気のない警察

 国家人権委員会のロベルト・ヘレラ(Roberto Herrera)委員長によると、昨年に国外移住を申請したホンジュラス人は1万6000人超で、前年から99%も増加している。住み慣れた地を後にするのは殺人や誘拐、恐喝、暴行、脅迫などから逃れるためだ。移住先としては同じ中米のコスタリカか北米のカナダを希望する人が多いという。

 もっとも、申請許可などわざわざ待たず、米国へそのまま逃げていく人も少なくない。

 ホンジュラスは世界でも最も殺人率が高い国の一つだ。世界保健機関(WHO)によれば、ホンジュラスの殺人率は世界平均の6倍を上回る。

 高い殺人率の要因として、ホンジュラスの当局者らは犯罪組織と麻薬密売者の存在を挙げる。

 ホンジュラスの主要都市では「マラ・サルバトルチャ(MaraSalvatrucha)」や「ディストリクト18(District 18)」といった犯罪組織が郊外の貧民街を牛耳っている。ホンジュラス第2の都市サンペドロスラ(San Pedro Sula)は世界で最も治安の悪い都市の一つとされ、「銃撃が毎日のように起こり、1時間以上も続く」(地元女性)

 米国際開発局(USAID)の推定では、ホンジュラスでは犯罪組織の構成員3万6000人が暗躍する。だが警察には犯罪組織に対抗する意思はないとみられている。

 このためホンジュラスは警察の浄化を目的とした委員会を設置しなければならなかった。「法廷まで持ち込まれる犯罪は全体のわずか4%。これは有効な捜査が欠如しているためだ」と委員会のメンバー、オマル・リベラ(Omar Rivera)氏は話している。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月20日(火)17時44分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。