ここから本文です

DeNAが初のCS進出決定 「10年越しの夢」ファン歓喜

産経新聞 9月20日(火)7時55分配信

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズが本拠地の「横浜スタジアム」(横浜市中区)で球団初となるクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた19日、球場に詰めかけたファンからは「(CS開始から)10年越しの夢がかなった」と喜びの声が上がった。

 雨が降る中、約2万7千人の観客で満員となった横浜スタジアム。試合の様子を中継する大型スクリーンが置かれた球場外の広場にも、「CS進出の瞬間を近くで味わいたい」と詰めかけたファンであふれた。

 試合終了が近づくにつれ熱気は最高潮に。九回表、抑えに山崎康晃投手が登場すると、球場内は「ヤスアキ」コールに包まれ、アウトを取る度に大きな拍手と「CS行こうぜ!」などの掛け声があがった。

 山崎康投手が広島の代打・松山竜平選手を遊ゴロに仕留めてCS進出が決まると、抱き合って涙を流すファンも。同市保土ケ谷区の高校2年、難波涼太さん(16)は「やってくれると信じていた。本当にうれしい」と満面の笑み。

 試合後、ラミレス監督が「皆さんが信じてくれたからここまでこれた」とあいさつすると、スタンドからは大きな拍手が。同市港北区の会社員、三条直樹さん(51)は「言葉にならない。最弱球団といわれるつらい時期が長かった。ずっと応援してきて本当に良かった」と瞳を潤ませた。同市磯子区のパート、秋月紀子さん(36)も「感慨深い。このまま日本一になってほしい」と話した。

 球団主催ゲームの観客動員数は19日で188万2257人となり、日本一を達成した平成10年を超えて球団史上最高を記録。池田純球団社長は「ようやく横浜の街とファンに恩返しができた。これからも横浜を元気にしていきたい」と話した。

最終更新:9月20日(火)7時55分

産経新聞