ここから本文です

11月4、5日檜枝岐で「新そばを味わう夕べ」

福島民報 9/20(火) 12:10配信

 福島県檜枝岐村の尾瀬檜枝岐温泉観光協会は11月4、5の両日の午後6時から、村内の東雲(しののめ)館で「新そばを味わう夕べ」を開く。
 名物の裁ちそばをはじめ、地元の産品を使った山人(やもーど)料理を提供する。裁ちそばは、つなぎを使わず村内産のそば粉で仕上げる。熱湯と水のみでこね、麺棒で薄く延ばしたものを十数枚重ねて、手をこま板代わりに当てて布を裁つように引いて切る。裁ちそばはお代わり自由。
 一日当たり大人(中学生以上)3500円、小学生2000円、4歳から小学生未満1000円、3歳以下無料。定員は両日とも80人。予約を受け付けている。予約、問い合わせは同協会 電話0241(75)2432へ。

福島民報社

最終更新:9/20(火) 13:30

福島民報