ここから本文です

小倉の和食専門店「ぎやまん」開業1年 口コミで評判、「信頼感を大切に」 /福岡

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)12時51分配信

 小倉・鍛冶町の和食専門店「木”山(ぎやまん)」(北九州市小倉北区鍛冶町1、TEL 093-531-1313)が、昨年8月にオープンし1年が過ぎた。(小倉経済新聞)

【関連画像】現在会席コースで提供している「ノドグロの塩焼き、金糸瓜、すだち」

 店舗面積は約10坪、席数は9席。市内の有名日本料理店などで約13年修業した店主の南健一さんが、昨年開業した。

 提供するメニューは「会席コース」(3,500円~1万円)で、小倉南区産の露地物野菜や近海の魚介類にこだわり、その日仕入れた食材でコースの内容を決める。アルコールは、関西方面の日本酒や日本をテーマにしたワインを中心に取りそろえる。「香りを楽しんでいただけるよう、日本酒をワイングラスでお出しすることもある」という。

 食器は、「(自分の料理を)盛り付けして一番美しいと感じる信楽(しがらき)や唐津、瀬戸などの器にこだわっている。味や香りのほかに、きれいさも味わってほしい」と南さん。

 開業から1年が過ぎ、「ほとんどのお客さまは口コミで来店される。紹介したお客さまの信頼感も大切にしていきたい」と抱負を話す。

 営業時間は17時~翌2時。日曜定休。「ランチは予約で受け付ける」とも。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月22日(木)15時6分

みんなの経済新聞ネットワーク