ここから本文です

倍賞千恵子が幻の名曲「さくらのバラード」を披露

日刊スポーツ 9月20日(火)7時59分配信

 女優倍賞千恵子(75)が19日、浅草公会堂で開催された、「第9回したまちコメディ映画祭in台東」最終日の山田洋次リスペクトライブに出席し、「さくらのバラード」をアカペラで披露した。同曲は山田洋次監督が作詞し、映画本編では1度だけ歌われた幻の名曲。倍賞が歌い終えると、会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こった。「映画は本当に素晴らしい仕事で、これからも体を大事にしながらこの仕事に携わっていきたい」と話した。

 青木克徳葛飾区長からは来年3月、寅さんの銅像横にさくらの銅像が配置されることも発表された。佐藤蛾次郎、岡本茉利もゲスト参加し、グランドフィナーレでは「男はつらいよ」を大合唱した。

 また、別会場では俳優斎藤工が監督する映画「blank13」の製作発表が行われ、高橋一生、リリー・フランキー、神野三鈴の出演が発表された。

最終更新:9月20日(火)7時59分

日刊スポーツ