ここから本文です

富士フイルムの中判ミラーレスシステム「GFX」発表会レポ!

アスキー 9月20日(火)20時0分配信

Photokina2016の発表会で最も大きな話題をさらったのが、富士フイルムの中判ミラーレス一眼システム「GFX」だ!発表会の模様を詳しく紹介する

 Photokina2016開幕前日9月19日の発表会シリーズ(?) で最も業界を震撼させたのが、富士フイルムの中判システムである。
 
 フルフレーム(36×24mm)の約1.7倍=43.8×32.9mmの撮像素子を使った「GFX」システムで、カメラ本体の「GFX50S」と「フジノンGFレンズ」3本が同時発売となる。価格は標準レンズとセットで1万ドル以下をめざすという。
 
 同社は5年前からAPS-Cサイズセンサーを使った「Xシリーズ」を発売しているが、フルサイズを飛び越えて、中判システムを発表したのである。こちらも発表会の様子をお伝えする。
 
レンズを付けても案外大きくない!? 実機に触ってみた!
 とにかく、誰も予想していなかった中判カメラの発表で、19日の話題をさらった富士フイルムさんでした。はやく触ってみたいですね!
 
 
文● 編集長みやの(@E_Minazou)

最終更新:9月27日(火)15時12分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]