ここから本文です

<台風16号>住宅浸水、車水没 宮崎・延岡で北川氾濫

毎日新聞 9月20日(火)10時59分配信

 台風16号の上陸から一夜明けた20日、広範囲な被害が明らかになってきた。宮崎県延岡市北川町では北川が氾濫し、周囲に水があふれ出した。1階部分が水につかった住宅、水没した車、冠水した道路……。孤立した住宅もあり、生活に深刻な影響が広がっている。

【写真特集】台風16号 列島、厳重警戒 各地の様子

 20日午前7時までに24時間雨量としては観測史上最大の444.5ミリを観測した延岡市の北川町では、北川が氾濫して周辺が冠水した。同日午前8時半ごろ、現場を見たという北川町川内名、主婦、川野悦子さん(67)は「道路が全く見えず、周囲の家の1階部分が浸水していた。まるで川のようだった。昨日の夜から雨がひどかったが、あんなになっているとは思わず、びっくりした」と話した。国道や県道など道路も冠水し、動けなくなった車から3人が救助された。

 延岡市役所北川総合支所によると、周辺は1997年の台風19号で500戸が浸水。2004年の台風23号でも230戸が浸水し、住宅のかさ上げ工事を進めていた。支所職員は「かさ上げ対象外の道路は冠水した。水害を繰り返しており、住民は早くから上階に移動したり、自主避難をしたりして対応しているようだ」と話した。

 さらに同県日南市乙姫町では20日午前1時半ごろ、自宅にいた30代女性が、強風で割れた窓ガラスで左足を切るけがをした。同県日向市では19日夜、富高地区の住民から消防に「自宅付近が冠水し逃げられなくなった」と通報があり、20日午前0時半ごろ、6人をボートで救出して近くの避難所などに運んだ。

 鹿児島県でも被害が相次いだ。南九州市知覧町では20日午前0時ごろ、土砂崩れで木造平屋の住宅が全壊。1人暮らしの70代女性が中に閉じ込められて約2時間半後に消防に救出され、足に軽傷を負った。指宿市では20日午前1時35分ごろ、暴風雨が過ぎるのを待とうと市営野球場の駐車場で停車していた10トントラックが風にあおられ横転し、近くの電柱4本をなぎ倒した。トラックに乗っていた男性運転手にけがはなかった。【志村一也、蓬田正志、青木絵美、田中韻、宮原健太】

最終更新:9月20日(火)15時32分

毎日新聞

【生中継】小池百合子都知事の会見

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。