ここから本文です

バンクーバーで飛行機と綱引きイベント 慈善団体のファンドレージングで

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)13時13分配信

 バンクーバー国際空港に併設する貨物輸送会社「UPS」(5960 Ferguson Rd, Richmond)で9月17日、飛行機と綱引きをするイベント「Plane Pull」が行われ、多くの家族連れでにぎわった。(バンクーバー経済新聞)

お揃いの仮装で一致団結して飛行機との綱引きに臨むチームも

 慈善団体「United Way」のLower Mainland支部のために同社が企画したファンドレージングで、今年で3回目となるイベント。地元大学や企業などから27チームが参加し、ボーイング757-200型貨物機(12万7900ポンド=約58トン)を1チーム15人で引っ張り、一定距離を動かすのにかかる時間を競い合った。事前登録したチームは、それぞれイベント当日までに募金活動を行い、寄付金は合計4万カナダドルに達した。

 当日は小雨の降るあいにくの天候となったが、参加者たちは全力で飛行機を引っ張った。20秒前後でゴールするチームもあったが、中には2分経過しても飛行機がびくともせず、見かねたボランティアスタッフらが手を貸す場面も。会場に集まった子どもたちは小型機との綱引きに挑戦し、「大きな飛行機を動かせた」と満面の笑顔で歓声を上げた。

 UPSでは昨年、各種イベントを通してカナダ全土で合計120万カナダドルを同団体に寄付。恵まれない環境にある子どもたちや家族のための食事の提供や、課外活動への参加費用補助、シニア世代がコミュニティーから孤立することを防ぐためのプログラム運営の資金などに活用されている。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)13時13分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。