ここから本文です

北米映画興行収入=「ハドソン川の奇跡」首位維持、初登場2本さえず

ロイター 9月20日(火)9時47分配信

[ロサンゼルス 18日 ロイター] - バラエティ・ドット・コムなどによると、週末の北米映画興行収入ランキングは、公開2週目に入ったクリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」(日本公開9月24日)が2200万ドル(約22億4000万円)稼ぎ、首位をキープした。

同作品はトム・ハンクス主演。2009年に起こり、奇跡的な生還劇として知られる旅客機の不時着水事故を描いた。

2位と3位には初登場作品が入った。低予算ホラー映画「ブレア・ウィッチ」(日本公開12月1日)は970万ドル。ロマンティックコメディ「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(同10月29日)は820万ドルだった。

ともに10年以上前のヒット作の続編となるが、公開初週の興行収入では首位に大差をつけられた。

最終更新:9月20日(火)9時47分

ロイター