ここから本文です

日経平均、売り買い交錯

朝日新聞デジタル 9月20日(火)11時17分配信

 連休明け20日の東京株式市場は売り買いが交錯している。午後1時時点の日経平均株価は、前週末終値より17円67銭高い1万6536円96銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同9・71ポイント高い1321・21。午前の終値は、日経平均が同18円61銭(0・11%)高い1万6537円90銭。TOPIXは同8・28ポイント(0・63%)高い1319・78。出来高は8億1千万株。

 取引開始直後は売り注文が膨らみ、下げ幅は一時100円を超えた。その後は20~21日の日本銀行の金融政策決定会合の結果を見極めたいとの思惑から、持ち高調整のための買い戻しの動きが強まった。「21日昼までは投資家の様子見ムードが続く」(大手証券)という。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)13時23分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]