ここから本文です

FCソウル、Kリーグ初の7年連続観衆30万人突破

WoW!Korea 9月20日(火)13時44分配信

韓国のFCソウルがKリーグ初の7年連続観衆30万人を達成した。

 FCソウルは18日にソウルワールドカップ競技場で開かれた済州ユナイテッドFCとのKリーグクラシック第30節ホーム戦に1万5516人の観衆が訪れ、今シーズン30万観衆(31万5076人)を突破した。

 これによりFCソウルは2010年54万6397人の観衆がソウルワールドカップ競技場を訪問して以来、今シーズンまで7年連続30万観衆(Kリーグ主管競技基準)を集めた。18日の試合まで7年累積観衆数は272万5598人。FCソウルは昨年、自ら樹立した6年連続30万観衆達成記録を7年に更新した。

 またFCソウルは2010年から2012年まで3年連続Kリーグ平均観衆1位、韓国プロスポーツ歴代1試合最多観衆動員(6万747人)などの記録を残している。さらに今回の“7年連続30万観衆突破”記録を通じて再びKリーグ観衆動員の歴史に新たな1ページを刻むことになった。

最終更新:9月20日(火)13時44分

WoW!Korea

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。