ここから本文です

テニス=疲労蓄積のマリー、「今すぐ休養が必要」

ロイター 9月20日(火)10時9分配信

[19日 ロイター] - 男子テニスの世界ランク2位で、リオデジャネイロ五輪ではシングルス連覇を達成したアンディ・マリー(29、英国)は、休みたくてたまらないと心境を吐露した。

マリーは英国代表の一員として出場した国別対抗戦のデビスカップ(杯)ワールドグループ(WG)準決勝のアルゼンチン戦でシングルス2試合とダブルス1試合の計3試合に出場。しかし第1日のシングルスで5時間に及ぶ死闘の末にフアンマルティン・デルポトロに敗れ、英国は2勝3敗で敗退した。

また、リオデジャネイロ五輪の後に行われた四大大会の最終戦、全米オープンでは準々決勝で錦織圭に敗れた。

英タイムズ紙は、マリーのコメントとして「この2カ月あまりにもたくさんの試合をしてきて、今すぐ休養が必要」と報道。マリーはデ杯第3日のシングルス、ギド・ペジャ戦ではストレートで勝ったものの試合中に太ももの筋肉を負傷し、「筋肉を痛めたのは初めてなので心配」とも話した。

マリーは10月3日開幕の中国オープンに出場を予定しており、続いてマスターズ上海大会を戦う。

最終更新:9月20日(火)10時9分

ロイター