ここから本文です

常磐線の神立駅、「帆曳船」イメージで橋上化…2018年完成目指す

レスポンス 9/20(火) 16:19配信

JR東日本水戸支社は9月16日、常磐線神立駅(茨城県土浦市)の橋上化と自由通路の本体工事に着手すると発表した。9月30日に安全祈願祭が行われる。

[関連写真]

発表によると、神立駅地区再生計画の一環。水戸支社と土浦・かすみがうら土地区画整理一部事務組合が協定を締結し、今年3月から支障する施設の移転工事が行われている。

鉄道施設(橋上駅舎)と都市施設(自由通路など)は「霞ヶ浦の湖に白い帆を広げて浮かぶ『帆曳船』」のイメージでデザイン。地域交流の拠点になることを目指す。橋上駅舎はコンコースと多機能トイレ、店舗などを設け、駅舎と上下線のホームをつなぐ階段を各2カ所、エレベーターを各1基設置する。自由通路は幅が約6.0m、延長が約40m。東口と西口の駅前広場に階段とエレベーター、多機能トイレなどを設置する。

今後は支障移転工事を11月までに終わらせるとともに、10月から本体工事に着手。2018年春頃から水戸方面の駅舎階段を除いて使用を開始し、同年秋頃には全ての工事を完成させる予定だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/20(火) 16:19

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。