ここから本文です

富士フイルム、フルサイズを超える中判ミラーレス「GFX 50S」来春発売

ITmedia ニュース 9月20日(火)12時27分配信

 富士フイルムは9月20日、中判サイズ(35ミリフルサイズの約1.7倍)の大型イメージセンサーを搭載したミラーレスカメラシステム「GFX」を開発したと発表した。同システムを採用したモデル第1弾として、ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と、対応する「フジノン GFレンズ」計6本を2017年春から順次発売する。国内価格は未定だが、ドイツで開催されているカメラ見本市「フォトキナ2016」では、1万ドル以下で発売すると予告している。

【画像】新開発のGマウント大口径フジノンレンズ

 GFXは、43.8ミリ×32.9ミリの「FUJIFILM Gフォーマットイメージセンサー」と、新開発のGマウント大口径フジノンレンズ、画像処理エンジン「X-Processor Pro」、富士フイルム独自の色再現技術などを組み合わせたミラーレスカメラシステム。幅広い撮影シーンで「富士フイルム史上最高画質」が得られるという。

 モデル第1弾のGFX 50Sは、有効画素数5140万画素のイメージセンサーを搭載したミラーレスカメラ。1キロを切る軽量ボディーが特徴で、操作ボタンやダイヤル類はXシリーズを踏襲する。同社初という着脱式EVF(電子ビューファインダー)も搭載。EVFを自由な角度に固定できるアダプターや縦位置バッテリーグリップなども提供するという。

 同社はAPS-Cサイズのセンサーを搭載する「Xシリーズ」を2011年から展開している。GFXシリーズの投入で、プロ写真家やハイアマチュアの高解像化ニーズに応えるのが狙いだ。

 フジノン GFレンズのラインアップは以下の通り。

・標準単焦点レンズ「GF63mmF2.8 R WR」(35ミリ判換算50ミリ)
・広角標準ズームレンズ「GF32-64mmF4 R LM WR」(35ミリ判換算25-51ミリ)
・中望遠ハーフマクロレンズ「GF120mmF4 Macro R LM OIS WR」(35ミリ判換算95ミリ)
・大口径中望遠レンズ「GF110mmF2 R LM WR」(35ミリ判換算87ミリ)
・超広角レンズ「GF23mmF4 R LM WR」(35ミリ判換算18ミリ)
・広角レンズ「GF45mmF4 R WR」(35ミリ判換算35ミリ)

最終更新:9月20日(火)12時27分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]