ここから本文です

「チェキ」にモノクロフィルムが初登場

アスキー 9月20日(火)19時6分配信

富士フイルムはインスタントカメラ「チェキ」用のフィルムとして、モノクロフィルムを発売する。また、instaxフィルムには新たにスクエアフォーマットフィルムの追加を発表した。

 富士フイルムは9月20日、インスタントカメラの「チェキ」(instax mini)シリーズ専用フィルムとして、初のモノクロフィルム「モノクローム」を発表した。10月7日に発売する。
 
 これまでユーザーからモノクロフィルムの要望が高く、それに応えた製品だという。これまで発売されたインスタントカメラのチェキシリーズのほか、スマホからチェキフィルムに出力できるプリンター「スマホdeチェキ instax SHARE」でも利用できる。1パック10枚入りで、価格はオープン。
 
 また、チェキの上位モデルとなる「instax」シリーズにも新たなフィルムの追加が発表された。新フィルムは画面アスペクト比1:1という「スクエアフォーマットフィルム」。正方形フォーマットは、二眼カメラなどで利用されて約90年前からあるフォーマットで、Instagramなどでも利用されているなど古くて新しいフォーマット。
 
 画像サイズは62×62mm(フィルムサイズは縦85.6×幅72mm)で、2017年春頃の発売を予定している。価格、対応カメラなどは未定
 
 
文● 行正和義 編集/ASCII.jp

最終更新:9月21日(水)16時6分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]