ここから本文です

「EmEditor Professional」にレジストリを汚さないUWP版が追加

Impress Watch 9月20日(火)11時55分配信

 米Emurasoft, Inc.は20日(日本時間)、定番テキストエディター「EmEditor Professional」の最新版v16.1.5を公開した。本バージョンでは、“ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)”版が新たにラインナップへ追加されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 UWP版「EmEditor」のメリットは、“アプリ コンテナー”と呼ばれる一種のサンドボックスで動作するため、システムへの影響が発生しないこと。たとえば、レジストリの書き込みは“アプリ コンテナー”のレジストリへリダイレクトされるため、システムのレジストリが変更されることはない。そのため、インストーラー版「EmEditor」と異なり、インストール・アンインストールを繰り返してもシステムを“汚す”ことがない。

 システムを汚さない点では、従来から提供されているポータブル版「EmEditor」も同じだが、INIファイルへ設定を書き込むため、レジストリへ書き込むインストーラー版やUWP版に比べて動作速度の面で不利だ。システムを汚したくないがパフォーマンスが落ちるのも嫌だという場合は、UWP版を試してみるとよいだろう。

 なお、UWP版「EmEditor」の動作にはPC版の「Windows 10 Build 14393(Anniversary Update)」以降が必要となるので注意。Windows 10 MobileやXbox、Hololensでは動作しない。また、利用の際はあらかじめ「設定」アプリで“サイドロード アプリ”のインストールを有効化しておく必要がある。

 加えて、インストーラー版と比べてUWP版にはシェル統合をはじめとする一部機能に制限がある。現時点では自動更新にも対応していないが、こちらは“ストア”を介したアップデートが将来的にサポートされる予定であるとのこと。

 そのほかにも本バージョンでは、正規表現エンジンとして「Onigmo」を選択している場合にメモリリークが発生する不具合や、特定条件下で置換前と置換後の選択範囲が変わってしまう不具合、フリー版「EmEditor」で“メモ帳互換の日誌作成”機能が動作しなかった不具合などが修正されている。

 「EmEditor Professional」は、64bit版を含むWindows Vista/7/8/8.1/10およびWindows Server 2008/2012に対応するシェアウェアで、現在同社のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロード可能。価格は、1年間の無償バージョンアップが可能な通常ライセンスが4,800円(以降のバージョンアップには年額2,400円の“保守プラン”の購入が必要)、アップデートの提供期間に制限のない永久ライセンスが18,000円となっている。30日間の試用が可能で、試用期間後は個人利用に限り機能制限のある無償版「EmEditor Free」として使用できる。

ソフトウェア情報「EmEditor Professional」【著作権者】Emurasoft, Inc.【対応OS】64bit版を含むWindows Vista/7/8/8.1/10およびWindows Server 2008/2012【ソフト種別】シェアウェア(通常ライセンスは4,800円、永久ライセンスは18,000円、30日間の試用期間後は個人利用に限り機能制限のある無償版「EmEditor Free」として使用可能)【バージョン】16.1.5(16/09/20)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:9月20日(火)11時55分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]