ここから本文です

「なぜ2週目から?」 映画「聲の形」日本語字幕の対応巡り疑問の声

ねとらぼ 9月20日(火)12時56分配信

 9月17日に劇場公開が開始されたアニメ映画「聲の形」。公開直後の2日間で観客動員20万人を記録したとも言われ好調な出足となっています。しかしその一方で、聴覚障害のヒロインが登場する作品にも関わらず「なぜ日本語字幕付き上映がないのか」など、上映方法を疑問視する声があがっています。

【日本語字幕上映に関する発表】

 公式サイトでは、公開2週目となる9月24~30日にかけ、公開全劇場で1日1回、日本語字幕付き上映を実施することを去る6月に発表済み。しかし「なぜ1週遅れなのか」「対応が遅いのでは」など批判的な声がネット上に散見されています。

 過去には、感音性難聴を患ったヒロインが登場する映画「レインツリーの国」でも日本語字幕付上映が行われましたが、その際も公開2週間後の1週間だけという期限付きでした。

 一方、聴覚障害のヒロインが出ているからとの理由だけで字幕を出すのが当然という意見に反発する声も。また、これでもよく対応している方だと評価する意見などもあがっています。

最終更新:9月20日(火)12時56分

ねとらぼ