ここから本文です

<台風16号>上陸、今年6個目 史上2番目タイ

毎日新聞 9月20日(火)11時16分配信

 台風16号は今年6個目の上陸となった。年間上陸数は1951年の統計開始以来史上2番目タイの多さ。台風シーズンを迎え、気象庁は今後の台風にも引き続き注意を呼び掛けている。

【写真特集】台風16号 列島、厳重警戒 各地の様子

 気象庁によると、日本列島に上陸した台風は2004年の10個が過去最多。今年の6個は90年と93年の年間記録に並んだ。

 今年の台風1号発生は統計開始以来2番目に遅い7月3日だったが、以降はコンスタントに発生。統計開始以来初めて北海道に3個上陸するなど次々に上陸した。81年から2010年までの30年間の平均は年間25.6個の発生に対し、上陸が2.7個で平均10.5%。今年は発生16個に対し6個(37.5%)と、突出して高いことになる。

 気象庁によると、上陸数が多い要因の一つとして、今年8月の異例の気圧配置が挙げられる。今年は日本列島の東側に位置する太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、逆に西に位置するチベット高気圧の東への張り出しが強かったため、北日本が気圧の谷となり、台風が接近しやすかった。【山下俊輔】

 ◇今年上陸した台風と上陸場所

8月17日  7号  北海道

  21日  11号  北海道

  22日  9号  千 葉

  30日  10号  岩 手

9月5日  12号  長 崎

  20日  16号  鹿児島

※9号は8月23日に北海道に再上陸

最終更新:9月20日(火)12時11分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]