ここから本文です

<泉ピン子>「ドクターX」で米倉涼子と初の本格共演 “シリーズ最強の敵”に

まんたんウェブ 9/21(水) 5:00配信

 女優の泉ピン子さんが、10月からスタートする米倉涼子さん主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に出演することが21日、明らかになった。米倉さんは初の本格共演で、米倉さん演じる天才外科医・大門未知子の新たな戦いの舞台となる「東帝大学病院」の新副院長で、“シリーズ史上、もっとも危険で最強の敵”となる久保東子を演じる。

【写真特集】泉ピン子と米倉涼子が火花!? ドラマの注目シーン

 泉さんは「うれしいですね~。同じ白衣を着る役でも、この前までは(『渡る世間は鬼ばかり』で)ラーメンを運んでいた身ですからね(笑い)」と冗談交じりに語り、同じシーンでの共演が初めてという米倉さんについては「背も高いし、サッパリしていて男前! 本当にすてきな女優さんです。東子としても、思わず『おばちゃんが悪かった。許してね』って、わびを入れたくなるくらい(笑い)」とコメント。

 一方、米倉さんは「泉ピン子さんは『渡る世間は鬼ばかり』やバラエティー番組での印象が強く、勝手に『怖い方なのかなぁ……』と思っていたんです。ところが実際にお会いしてみたら、お話上手だし、本当に楽しい方で! 撮影初日から他愛もない話で盛り上がらせていただきました」と明かし、「女性の敵は男性よりも食らいついてくる感じがあるので、未知子として対応する際にも手ごわさを感じるんです。だからこそ、演じていても面白い! ピン子さんともこれから3カ月、まるで土俵の上で相撲を取り合っているような、いいぶつかり合いができそうで楽しみです」と期待している。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。今回は2014年の第3シリーズ以来、2年ぶりの連続ドラマとなる第4シリーズで、米倉さん演じる未知子が宿敵・蛭間(西田敏行さん)率いる国内最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いに挑む。

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 22:50

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]