ここから本文です

盗撮と思われそうで鬱 iPhone 7をやめたくなった“ある機能”

ITmedia エンタープライズ 9月20日(火)13時9分配信

 半径300メートルならぬ“自分自身の半径1メートル”に存在して、毎日持ち歩き、常に頼っているモノといえば「スマートフォン」でしょう。私もこのスマートフォンに依存した生活を送っており、今、話題になっている「iPhone 7」を発売日当日の朝に手に入れてしまいました。目的は2016年10月中に利用可能となるはずの電子マネー対応。どのように生活を変えるのか、とても楽しみにしています。

【画像】ネコとの楽しい思い出ムービーも自動生成

●スマホの写真が自動で“ドラマティックなムービー”に

 新しいiPhoneはOSもアップデートされ、さまざまな新機能が追加されています。中でも気になっているのは「写真」に関するもの。アップデートを行うことで、過去の写真を「日時」や「位置情報」などの情報をもとにまとめて、自動で「作品」にしてくれる機能が使えるようになります。「メモリー」のタブをタップすると、自分で取った写真が思いのほかドラマティックにムービー化されていて驚きます。

 Googleが提供している「Google Photo」でも同様のことを体験できます。Google Photoは本体内にある写真ではなく、クラウド上にアップロードした写真が対象になるので、例えば「9年前の今日なにをしていたか」という思い出までが対象になります。さすがに10年近く前になると自分でも覚えていない写真が対象になるので、“デジタルなITの力”が、自分に対してエモーショナルに効いてくるという感覚を覚えますね。

 毎日持ち歩くスマートフォンのカメラが高性能になることで、日々のシーンを切り取ったり、ちょっとしたメモを写真で取ったりすることが簡単になりました。もはやスマートフォンは「外部記憶装置」としての役割も重要になっています。

 その外部記憶を自動的に整理してくれて、ささっと振り返ることができる仕組みがあるのは、多くの人にとって「日記」を付けていることと同義なのかもしれません。積極的に記録を残せば、10年後に振り返った時に楽しい発見があるかもしれません。

 しかし、iPhone 7にしたことで性能がアップし、困ったことがあります。それは本体のスピーカー。スピーカー性能の向上に伴って、カメラのシャッター音が大音量になったことが話題になっているのです。

●そろそろどうにかしたい「シャッター音」、解決策は?

日本では初めて携帯電話にカメラがついて以来、シャッター音が消せないという仕様になっているようです。法律や迷惑防止条例で義務付けられていると思い込んでいたのですが、どうやらこれは業界団体による自主規制で、このような仕様になっているようです。

 一番気になるのが、スクリーンショットの作成時にもシャッター音がなること。この記事に使っているスクリーンショットも普段、仕事をしているカフェでキャプチャーしたのですが、大音量のシャッター音が鳴ってしまい、いたたまれない気持ちになりました。メモとしてカメラを使うことも増え、例えば経費精算のためにレシートをスマートフォンのカメラで撮影し、OCR処理して登録するという場合にも大音量のシャッター音が鳴り響いてしまうわけです。

 確かに、プライバシーの問題もあるので、人混みのなかでカメラを向けられ、音もなく撮影をされてしまっては困るでしょう。しかし、そのために“シャッター音を一律鳴らないようにする”というのはこれまた問題だと思います。

 先日リリースされ、日本でも大ブームになった「Pokemon GO」でも、現実世界の風景とポケモンが合成されるAR画面で遊ぶ様子が、まるで盗撮をしているかのようなスタイルになってしまうと話題になっていました。

 確かに「スマホを見知らぬ人に向けること」は、現代のマナー上ではやってはいけないことなのかもしれません。でも、スクリーンショットを撮ったり、ARコンテンツを楽しんだりする時には、「一見、人にカメラを向けているように見えるものの、実際にはその人を撮っているのではない」というシーンもあるわけです。

 そうなると……これは「ITの力」で問題を解決すべきなのかもしれません。例えば、盗撮になるような角度ではシャッターが切れないようにする、電車やバスなど公共な場所を判断し、そのときだけはシャッター音が鳴るようにするなど、スマートフォンが場所と状況を判断するという仕組みがあるとありがたいです。そんな機能がいつか、私の半径1メートルにやってくるはずです。

 ITの力で日々の思い出を、より楽しく振り返れるようになったいま、次はITの力で「周りに気兼ねすることなく、思い出をより多く残せる」仕組みが作られるでしょう。スマートフォンを作る、日本の、そして世界のエンジニアの皆さまに期待しつつ……。

最終更新:9月20日(火)21時40分

ITmedia エンタープライズ