ここから本文です

東西本願寺対決は「西」に軍配 下京自衛消防隊訓練大会

産経新聞 9月20日(火)7時55分配信

 京都市下京区内の寺社や事業所などの自衛消防隊が技能を競う「下京自衛消防隊訓練大会」が、京都市下京区の西本願寺で行われた。東西本願寺の一騎打ちが恒例となっている小型動力ポンプの部は、西本願寺に軍配が上がり、通算成績を9勝4敗とした。

 初期消火や避難誘導のため、自衛消防隊を設置している百貨店やホテルなど46事業所約380人が参加。「消火器」や「屋内消火栓」など4部門で訓練の成果を披露し、下京消防署員らが技能の正確さやチームワークなどを採点した。

 小型動力ポンプの部は4人1組で、55メートル先の標的に向かって放水する技術を競う。例年、東西本願寺のみ参加している。両寺がそれぞれ4人一組で、かけ声を出しながら、テンポ良くホースをつなぎ、的へ放水。機敏な動きに観客から拍手が起こった。

最終更新:9月20日(火)7時55分

産経新聞