ここから本文です

【全日・王道T】初V諏訪魔の原動力は不沈艦魂

東スポWeb 9月20日(火)16時45分配信

 全日本プロレス「王道トーナメント」は19日、東京・後楽園ホールで優勝決定戦が行われ、暴走男・諏訪魔(39)が初優勝を果たした。右アキレス腱完全断裂による長期欠場から復帰後、わずか2か月で勲章をゲット。これで11月27日両国国技館大会での3冠ヘビー級王座挑戦が濃厚になった。持ち前の暴走ファイトを取り戻し、完全復活への力になったのは“不沈艦”ことスタン・ハンセン氏(67)への思いだった。

 準決勝で難敵のケンドー・カシン(48)を退けた諏訪魔は、優勝決定戦でゼウス(34)と激突。試合はまさに死闘と呼ぶにふさわしい内容だった。肉体と肉体の削り合いが続き、20分過ぎには壮絶な張り手合戦を展開。この時、アクシデントが発生した。意識が完全に飛んでしまったのだ。

 それでも、無意識のうちにここから怒とうのラッシュを仕掛ける。急角度の岩石落としから体重を乗せたドロップキックにつなぎ、最後は叩きつけるようなラストライドで勝利。観衆が静まり返るド迫力で、まさに暴走男の真骨頂だった。「ほんのわずかな気持ちの差、それで決まった気がする」(諏訪魔)

 気持ちの差は試合直前に生まれた。出番を待つ後楽園の控室で、2005年11月20日に同じ場所で起こった出来事を思い出した。当時、デビュー2年目だった諏訪魔はPWF会長として来日していたハンセン氏と対面。初めてかけられた言葉が「もう10年早くデビューしていれば…」だった。

 幼少時から全日本を見て育った諏訪魔にとって雲の上の存在。「あの暴走に興奮した。それがプロレスにハマった理由」と話すように、試合会場では不沈艦が振り回すブルロープに恐怖し、学校ではラリアートをまねて友人を吹っ飛ばしたこともあった。現在のスタイルの原点がハンセン氏なのだ。

「『10年前ならもっと稼げたな』って意味じゃない!?」と謙遜するが、90年代だったらハンセン氏と3冠王座を争うライバルになる存在だった…と認められた証しだ。それから「また見に来てもらえるように頑張ろう」との目標を胸に秘め、ゼウス戦の前に再確認することができたという。

 次なる野望はただ一つ。負傷により無念の返上を余儀なくされた至宝奪還だ。「こんなので満足しない。次は3冠、最高の舞台でやりたい」。完全復活した男が、真の頂点に向けて動きだした。

最終更新:9月20日(火)16時45分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]