ここから本文です

iPhone 7は防水といっても過信は禁物

アスキー 9月20日(火)17時0分配信

iPhone 7/7 Plusのアップデートの中でも、大きな変更点は防水・防塵対応。だからといって、いたずらに濡らし続けていいというわけではありません。

 iPhone 7/7 Plusのアップデートの中でも、大きな変更点は防水・防塵対応でしょう。防水面としては「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」という基準「IP7」を満たしているとされています(詳しくはこちら)。
 
 ちなみにアップルのサイトではiPhone 7/7 Plusを「防沫性能と耐水性能を備えた筐体」と紹介しています。「耐水」という表現を使っているのですね。
 
 だからといって、いたずらに濡らし続けていい、というわけではないようです。アップルの「取り扱いに関する重要な情報」を見てみますと、以下のことは行なわないでください……とありました。
 
 iPhone 7/7 Plus が液体にさらされた場合は、「すべてのケーブルを取り外してください。また、完全に乾くまでデバイスを充電しないでください」とのこと。充電したりLightningアクセサリーを接続したりする前に、5時間以上間をあけることが推奨されています。
 
 また、「iPhoneを乾かすには、Lightningコネクタを下に向けた状態で、手の上でiPhoneを軽くたたき、余分な液体を取り除きます」という、わりと直接的な方法も紹介されています。風通しのよい乾燥した場所に置くほか、Lightningコネクタの中にファンの冷気を直接当てると早く乾かせる、ということも紹介されていました。
 
 ちなみに、外部熱源(ドライヤーなどですね)を使ってiPhoneを乾かしたり、Lightningコネクタに綿棒や紙タオルなどの異物を入れたりするのはNGだそうです。なお、「液体による損傷は保証対象外となります」とのことで、やはり乱暴に扱うのはよくないですね。
 
 
文● コジマ

最終更新:9月23日(金)16時40分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]