ここから本文です

青物横丁に期間限定ショップ「泡盛ノ逆襲」 3杯まで試飲無料 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月20日(火)14時46分配信

 青物横丁商店街のフリースペース「スキマ」(品川区南品川3、TEL 03-6404-6388)に9月4日、「期間限定アンテナショップ 泡盛ノ逆襲」(TEL 03-6667-4717)がオープンした。運営はHEG(渋谷区)。(品川経済新聞)

イベント総合企画プロデューサーの鷲田欣司さん(左)とHEGの吉岡裕晃さん

 同店は泡盛の啓発と沖縄の風土や文化の発信を目的に、「沖縄県支援事業 琉球泡盛県外展開強化事業」の一環として営業。店内では、琉球泡盛酒造メーカー47社の商品をそろえる。試飲は3杯まで無料、4杯目からは400円~。

 同イベント総合企画プロデューサーの鷲田欣司さんは「これまで代官山や銀座のような、分かりやすく目立つ場所で泡盛のイベントが行われてきたが、泡盛は日々飲むもの。地域に根付いたイベントを長く続けたいと思い、この場所を選んだ」と話す。

 同事業は品川の町全体で取り組む。スーパーマーケット「平野屋」(南品川2)では泡盛を販売し、「KAIDO books&coffee(カイドウ ブックス&コーヒー)」(北品川2)では泡盛の試飲や販売、モニター告知を行う。

 10月、11月には「エキュート品川」(港区高輪3)や「品川船宿屋形船ひらい丸」(北品川1)でもイベントを開催予定。9月24日、25日に行われる「しながわ宿場まつり」では、聖跡公園(北品川2)で泡盛を販売する。

 沖縄県内でも同時にイベントを実施。THE泡盛カクテルの開発・発表や泡盛の女王選出大会などを行う。

 鷲田さんは「泡盛は沖縄で人々が伝えてきた伝統ある文化。泡盛業界全体が協力して一枚岩となり、沖縄の文化の魅力を伝えていきたい」と意気込む。

 営業時間は9時~22時。火曜定休。12月26日まで(9月19日~24日までは改装のため休店)。平野屋での泡盛販売は9月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月20日(火)14時48分

みんなの経済新聞ネットワーク