ここから本文です

1秒差でニッポン金ゼロ 土田和歌子が4位

日刊スポーツ 9月20日(火)9時50分配信

<リオ・パラリンピック:陸上>◇18日◇女子マラソン(車いすT54)

 日本は初参加した1964年東京大会以来初めて金メダルがゼロに終わった。最終日の車いすマラソン女子に出場した夏冬合わせてメダル7個の土田和歌子(41=八千代工業)に期待がかかったが、トップとわずか1秒差の4位でメダルを逃した。日本のメダルは銀10、銅14の計24個で前回ロンドン大会の16を上回ったものの、2020年東京大会へ課題が残った。

【写真】パラ閉幕!式典では東京PR/閉会式写真特集

 「車いすの女王」も金メダルに届かなかった。41キロ付近まで先頭集団7人の大接戦。土田は残り1キロでスパートをかけたが、抜け出せなかった。車いすを懸命にこいで前傾姿勢でゴール。電光掲示板には「4」が表示された。1位の中国選手との差はわずか1秒。「メダルが取れず残念だったけど力は出し切った」と話したが、目は潤み、悔しさがにじみ出ていた。

 98年長野大会のアイススレッジスピードスケートで2つの金メダルを獲得。04年アテネ大会では、陸上の5000メートルでも頂点に立ち、日本人初のパラリンピック夏冬金メダリストとなった。だが、マラソンは4大会出場して銀と銅各1個。ロンドン大会後、「納得したレースができていない」と現役続行を決意。今大会は「マラソン1本」に絞って金メダルにかけていた。

 最終日の土田のレースを終えて、今大会の日本の金メダル0個が確定した。「私が取りたかったのに!!」と悔やんだが「競技レベルが上がっている。これから4年は相当レベルが高いものが求められる。金を取るために選手をどう強化するかが重要」と海外勢の成長も肌で感じていた。4年後は地元東京開催となるが「ゴールラインを踏んだ時の気持ちと合わせて、1度整理したい」と、進退については神妙な面持ちで言葉を濁した。【峯岸佑樹】

最終更新:9月20日(火)10時41分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]