ここから本文です

国連、シリアでの人道支援物資輸送を一時停止 車列攻撃受け

AFP=時事 9月20日(火)20時25分配信

【AFP=時事】(更新)シリアのアレッポ(Aleppo)近郊で19日、支援物資を運んでいた赤新月社(Red Crescent)の車列が攻撃され12人が死亡した事態を受け、国連(UN)は20日、シリアでの人道支援物資の輸送活動をすべて一時停止したと発表した。

【関連写真】攻撃を受けて散乱した支援物資

 国連人道問題調整事務所(OCHA)のイェンス・レルケ(Jens Laerke)広報担当はスイス・ジュネーブ(Geneva)で記者団に対し「緊急の安全対策として、シリアでの他の輸送活動は中断された」と述べた。

 また、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は同日、今回の攻撃について「約20人の民間人およびシリア・アラブ赤新月社(SARC)のスタッフ1人が、重要な人道支援物資を運ぶトラックから荷を降ろしている最中に死亡した」との声明を発表した。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月20日(火)22時28分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。