ここから本文です

米エミー賞、「ゲーム・オブ・スローンズ」と「Veep」が受賞

ロイター 9月20日(火)10時46分配信

[ロサンゼルス 18日 ロイター] - 米テレビ界の最優秀作品に与えられるエミー賞の授賞式が18日、ロサンゼルスで行われた。

ドラマ部門の作品賞は、有力候補だった有料テレビチャンネルHBOの人気ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が昨年に続いて受賞。同作は今回、最多の23部門でノミネートされ、作品賞、監督賞、脚本賞を含めた最多12部門に輝いた。

FXの実録法廷ドラマ「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」は9部門を制した。

コメディ部門の作品賞は、ホワイトハウスを舞台としたHBOの政治コメディ「Veep(原題)」が受賞した。

今回のエミー賞では、俳優部門の受賞候補に白人だけがノミネートされたことが話題となった今年の米アカデミー賞とは対照的に、有色人種のノミネート数が過去最高の21人となった。

最終更新:9月20日(火)10時46分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。