ここから本文です

<麻薬所持>39歳医師を逮捕 警視庁

毎日新聞 9月20日(火)11時36分配信

 麻薬や危険ドラッグを自宅に所持していたとして、警視庁新宿署が、東京都健康長寿医療センターの非常勤医師、加藤智史容疑者(39)=中野区東中野=を麻薬取締法違反(所持)容疑などで逮捕していたことが、同署への取材で分かった。

 逮捕容疑は今月7日午前10時ごろ、自宅マンションで、麻薬の「ケタミン」を含む粉末(約0.36グラム)と指定薬物を含む危険ドラッグの錠剤(約0.22グラム)を所持したとしている。18日に逮捕され、容疑を認めているという。同署が所持していた目的や入手先を調べている。

 都健康長寿医療センターは「事実関係を調べたい」としている。【堀智行】

最終更新:9月20日(火)12時45分

毎日新聞