ここから本文です

ダサい?かっこいい? iPhone裏に「総務省指定」

朝日新聞デジタル 9月20日(火)12時36分配信

 16日に発売された「iPhone7」の本体に「総務省指定」という文字が入っていることが話題になっている。ネット上などでは「ダサい」「むしろかっこいい」と賛否両論。高市早苗総務相は20日の閣議後記者会見で「かっこわるいと言われると大変がっかりだ」と話した。

 「総務省指定」の文字は、本体裏側にある「iPhone」の文字の下に小さく書かれている。総務省電波環境課によると、iPhone7には利用者の電子マネーやクレジットカードを読み取って記憶する機能が付き、レジなどに置かれている読み取り機と同じ扱いになった。読み取り機は総務省から型式指定を受け、指定番号などを本体に表示することが電波法や省令で定められている。

 文字があるのは日本向けの端末だけ。「おそらくスマホでは初めての機能」(同課)のため、他の機種では見たことのない表示に利用者が反応したようだ。思わぬ盛り上がりに高市氏は「電波法に従って必要な場所に表示しているもので……」と戸惑い気味。総務省は型式指定番号などの表示を本体につけなくても、設定画面などから確認できればいいようにする省令改正を検討しているという。(上栗崇)

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)17時12分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。