ここから本文です

連続テロ狙いか=アフガン系容疑者、動機解明へ―NY爆破

時事通信 9月20日(火)7時43分配信

 【ニューヨーク時事】ニューヨークのマンハッタンで29人が負傷した爆破テロで、捜査当局は19日、連邦捜査局(FBI)が指名手配したアフガニスタン系のアフマド・カーン・ラハミ容疑者(28)の身柄を拘束した。

〔写真特集〕NYマンハッタンで爆発

 マンハッタンとニュージャージー州の2カ所で爆破や爆弾設置に関与したとの見方を強め、動機の解明や組織的関与の有無など捜査を本格化させている。

 容疑者はアフガンで生まれ、米国籍を取得。CNNテレビによると、米国からアフガンやパキスタンへの渡航歴があるという。

 容疑者は拘束される際の銃撃戦で警官を負傷させており、警官殺害を試みた疑いで検察当局に訴追された。今後、爆破に関連して訴追されるとみられる。

 デブラシオ・ニューヨーク市長は19日の記者会見で、今回の爆破を「テロ行為だ」と非難する一方、ラハミ容疑者以外に「現時点で行方を追っている人物はいない」と述べた。AFP通信などによれば、クオモ・ニューヨーク州知事は記者団に、容疑者と国外のテロ組織とのつながりは確認されていないものの、今後の捜査では「重要なポイントになる」と語った。

 ラハミ容疑者は17日に起きたマンハッタンでの爆破のほか、ニュージャージー州の開会前のマラソン大会コース脇でパイプ爆弾がさく裂した同日の事件、さらに同州の鉄道駅付近で18日に複数の爆発物が見つかった事件に関与した疑いが持たれている。容疑者は銃撃戦で負傷し、手術を受けた。捜査当局は回復を待って追及を本格化させる。 

最終更新:9月20日(火)15時9分

時事通信