ここから本文です

大野将平らリオ金祝賀会 1000人すき焼き

日刊スポーツ 9月20日(火)9時50分配信

 リオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級金メダリストの大野将平(24=旭化成)が19日、同じ天理大出身でパラリンピック男子100キロ超級銅メダルの正木健人(29)とともに奈良県の天理教教会本部での祝賀会に参加した。会場を埋めた約1000人に振る舞われたのは、すき焼き。柔道部の優勝を祝う、昭和初期からの伝統の食事で、和牛300キロを一斉に平らげた。大野は「自分がメインでなくて、他の人のに参加したい」とうれしい悲鳴。主役は肉を食べる時間もない忙しさだった。

【写真】リオ五輪金メダル金藤理絵、現役続行は30%?

 先日、井上監督の続投が決まり「自分の立ち位置も中堅になり、求められることも高くなる」と覚悟。連覇の鍵には「良い意味で慣れないこと」を挙げた。東京で2連覇なら、さらに盛大になる「すき焼き会」。そこで肉を食べられるかは分からないが、畳の上での勝利の「味」は食べ逃せない。

最終更新:9月20日(火)10時31分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]