ここから本文です

オリンパス「E-M1Mark II」発表! AF/AE追従で18コマ/秒の高速連写

アスキー 9月20日(火)13時10分配信

オリンパスは9月20日、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1Mark II」を発表した。同機のプロトタイプは映像関連総合見本市、フォトキナ2016に参考出品される。

 オリンパスは9月20日、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M1Mark II」を発表した。同機のプロトタイプは映像関連総合見本市、フォトキナ2016に参考出品される。
 
 「OLYMPUS OM-D」シリーズのフラッグシップ機で、新開発の高速画像処理エンジン「TruePic VIII」、新開発121点オールクロスタイプの像面位相差AFセンサーを備えた有効画素数2037万画素Live MOSセンサーを搭載し、高画質化と高速化を実現している。AF、AEが追従しながらも、2037万画素での最高18コマ/秒の高速連写が可能だ。
 
 各部にシーリングが施された防塵・防滴・耐低温(-10度)設計により、雨や雪などアウトドアでの過酷な撮影条件でも撮影可能だという。また、カメラシステム全体が小型・軽量なため、機動性にも優れているとのこと。
 
 4K対応OM-D MOVIE強力な5軸手ぶれ補正機構に、動画専用の電子手ぶれ補正を組み合わせることで、高精細の4K動画撮影を手持ちで撮影可能だ。また、デジタルシネマ対応の4K動画にも対応している。
 
 
文● 田沢

最終更新:9月23日(金)10時9分

アスキー