ここから本文です

麒麟、映画「BFG」イベントで本田望結の川柳にほっこり

お笑いナタリー 9月20日(火)15時14分配信

昨日9月19日、映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」の公開記念舞台挨拶が都内で行われ、麒麟と本田望結が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」はロアルド・ダールの児童書を原作とするファンタジーアドベンチャー。児童養護施設で暮らす10歳の少女・ソフィーが、子供たちに夢を届けることを生業とする心優しい巨人・BFGと出会って心を通わせていく姿が描かれる。

イベントにはまず、本作の日本語吹き替え版でソフィーの声を担当した本田が登場。映画のキャンペーンで全国を回った思い出を振り返る。続いてBFGのコスプレをした麒麟が本田の前へ。「全国キャンペーンお疲れ様でした。東京にお帰りなさい」とPR活動の労をねぎらった。

続いて一同はBFGを“あいうえお作文”形式で川柳にした「BFG川柳」を発表することに。麒麟・田村は「ビックリした 2日続けて ギックリ腰」という一句を披露し、「これマジなんですよ! 立ってるのもしんどいです」と嘆く。続く川島はイベント当日が敬老の日であることにちなみ、「ボディがやばい 不安になったら グルコサミン」と詠み上げ、会場の笑いを誘った。最後の本田は「(お)ばあちゃん 2人で観てね▼ (お)じいちゃんと」とうまく作品をアピール。これには麒麟の2人も「いいですねえ。家族で楽しめる映画ですからね」とほっこりした表情を見せていた。

※文中の▼はハートマーク。

最終更新:9月20日(火)15時14分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。