ここから本文です

アサド政権軍、「停戦終了」を宣言 アレッポで空爆再開

朝日新聞デジタル 9月20日(火)12時56分配信

 シリアのアサド政権軍は19日、米国とロシアの仲介による合意で今月12日に発効した停戦が終了したと宣言する声明を発表した。反体制派も停戦が守られていないとアサド政権を批判した。北部アレッポで政権軍かロシア軍によるとみられる空爆が行われた模様で、死傷者が出たとみられる。

 停戦が完全に崩壊すれば2度目となり、内戦終結へ向けた和平協議の再開は一層困難になると予想される。

 シリア国営通信によると、軍は声明で「停戦は流血を止めるチャンスだったのにテロ集団は300件以上の停戦違反をし、停戦期間を利用して戦力を補強した」と反体制派を非難。その上で「軍は国土の治安回復のために対テロの任務を続ける」と強調した。

 一方、反体制派も、停戦発効直後から「政権側は停戦違反を続け、援助物資の搬入を妨害している」と批判していた。在英NGO「シリア人権監視団」によると政権側の攻撃でこれまでに少なくとも住民22人が死亡したという。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)13時28分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。