ここから本文です

PENTAX K-1 機能拡張ファームウェアが9月29日に公開

Impress Watch 9月20日(火)12時6分配信

リコーイメージング株式会社はデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の新ファームウェアを9月29日に公開すると予告した。バージョン番号は1.30。

新たに公開するK-1(Ver.1.30)では、機能拡張と動作安定性の向上が盛り込まれている。具体的な内容は下記の通り。

【拡張される機能】

・ライブビュー時の電子シャッターレリーズ

ライブビュー撮影時のレリーズ方法に、電子シャッターの選択を可能にしました。メカニカルな作動を抑え、本体ブレを軽減して撮影できます。

・クロップに1:1サイズを追加

クロップ機能で選択できる画面サイズに1:1サイズが追加されます。

・ローパスセレクターブラケットに2枚ブラケット追加

従来の3枚ブラケット(OFF、TYPE1、TYPE2)に加え、ユーザーからの要望が多かった2枚ブラケット(OFF、TYPE2)も選択可能にしました。

・スマートファンクション

[BKT]設定で、ブラケット幅の選択時にブラケットのキャンセルが選択できるようになりました。

・その他

全般的な動作安定性を向上しています。

「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア バージョン1.30をリリース

デジカメ Watch,関根慎一

最終更新:9月20日(火)12時6分

Impress Watch