ここから本文です

最年少グランプリ!柳田咲良さん、涙の決意「石原さんを超えたい」

サンケイスポーツ 9月20日(火)7時0分配信

 深田恭子(33)、石原さとみ(29)らスター女優を輩出した「第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン」の決選大会が19日、東京都内で行われ、栃木県出身の小学6年、柳田咲良(やなぎた・さくら)さん(12)がグランプリに輝いた。今年は石原以来となる主演級女優候補を募集。12歳4カ月で史上最年少受賞となった金の卵は「見ている人を感動させられる女優になりたい」と感涙した。

 石原を彷彿させる太眉の美少女が、圧倒的な演技力で応募者2万4794人の頂点に立った。

 名前を呼ばれた瞬間、両手で顔を覆った柳田さんは「この場に立っていることが信じられなくて…。どんな役でも見ている人を感動させられる女優になりたい」と感涙した。さらに、憧れの存在である石原が花束を持って駆けつけるとたまらず号泣。「この瞬間に人生が180度変わったと思う」と祝福され、「ヤバい…テレビで見るより全然きれい」と喜んだ。

 今年は「PURE GIRL」と題し、10代でブレークする「王道」で「主演級」の女優発掘を目的に開催。同テーマでの募集は3度目で、第21回(1996年)の深田、第27回(2002年)の石原に続くグランプリ。12歳4カ月での受賞は最年少記録となる。

 栃木県出身の柳田さんは幼稚園の年長から女優を夢見て、石原のドラマを友人と再現しながら演技を独学で勉強。負けず嫌いな性格で、自己PRでは6年習っているヒップホップダンスを披露。演技審査では感情豊かな表現力で他の候補者8人を圧倒し、「いろんな色に染まっていける」(実行委員長)と演技センスを絶賛された。

 今後はホリプロと契約を結び、角川映画のヒロインでデビューすることも決定。「感動や笑いを届けられるようなすごい女優さんになって、石原さんを超えたい」と大きな瞳を輝かせた。

最終更新:9月20日(火)7時0分

サンケイスポーツ