ここから本文です

殺害の男性、百数十万円引き出し マツダ社員寮事件当日

朝日新聞デジタル 9月20日(火)13時22分配信

 自動車メーカー「マツダ」の社員寮(広島市南区)で社員の菅野(すがの)恭平さん(19)が殺害された事件で、事件当日に菅野さんとみられる人物が現金自動出入機(ATM)などで複数回にわたり計約百数十万円を引き出していたことが捜査関係者への取材でわかった。現金は事件現場や菅野さんの居室から見つかっていないといい、県警は事件との関連を調べている。

 捜査関係者によると、県警が金融機関やATMに設置されている防犯カメラの画像を解析したところ、事件があった14日、菅野さんとみられる人物が複数のATMや金融機関の窓口で現金を引き出していたという。

 現場には手提げかばんが残されていたが、携帯電話がなくなっていたことも判明。県警は菅野さんの周辺でトラブルがなかったかどうかを調べている。

 これまでの捜査では、14日午後3時35分ごろ、暴行時のものとみられる物音を入寮者らが聞き、約40分後に非常階段で菅野さんが倒れているのが見つかった。

朝日新聞社

最終更新:9月20日(火)13時22分

朝日新聞デジタル

【生中継】小池百合子都知事の会見

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。