ここから本文です

女王・池原に40歳ベテランが挑む「チャンピオンにリベンジ」

デイリースポーツ 9月20日(火)15時14分配信

 「ボクシング・WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ」(21日、後楽園ホール)

 調印式と前日計量が20日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ、4度目の防衛戦に臨む池原シーサー久美子(31)=フュチュール=は47・6キロ、挑戦者で元東洋太平洋女子フライ級王者の江畑佳代子(40)=ワタナベ=は47・3キロで一発クリアした。

 両者は昨年5月6日、池原が7回負傷判定(2-1)で防衛して以来の再戦。池原は「前回よりむちゃくちゃ調子がいいのでKOしたい。江畑さんにはやってきたものを全部出してほしい。全力でつぶしに行きます」と返り討ち宣言。

 5度目の世界挑戦となるベテラン・江畑は「チャンピオンにリベンジのために復帰を決めた」と、一度は決意した引退を撤回して挑む。「40歳だけど、減量は苦しくないしコンディションもいい。今、ジムでレベルの高い練習ができている」と、大橋ジムから移籍した宮尾綾香らとのスパーリングで仕上げた。

 なお、当日は「DANGAN LADIES」として、女子選手の対戦ばかり10試合が行われる。セミファイナルには東洋太平洋スーパーバンタム級1位で元モデルの後藤あゆみ(28)=ワタナベ=が登場(6回戦)。アンダーカードには全日本選手権7連覇、アジア選手権2大会連続銅メダルのチャオズ箕輪(綾子=28)=ワタナベ=のB級デビュー戦(フライ級6回戦)、おたくアイドルボクサー郷司利也子(34)=川崎新田=らも出場する。

最終更新:9月20日(火)17時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]