ここから本文です

51世帯に一時避難指示 京都市左京区久多学区

京都新聞 9月20日(火)22時16分配信

 台風16号は20日午後に近畿地方に最接近し、京都と滋賀でも各地で大雨に見舞われた。
 京都地方気象台によると、20日午後6時までの24時間降水量は、福知山市坂浦で114ミリ、京都市中京区で69ミリ、京田辺市で94・5ミリを記録した。
 京都府などによると、京都市左京区久多学区の51世帯に避難指示、福知山市と京丹後市、南山城村の計2561世帯に避難勧告が一時発令された。京都市西京区大原野と南山城村、笠置町など約9500世帯で停電。鉄道はJR奈良線などで一部運休したほか、京都丹後鉄道が昼すぎから全線で運転を見合わせた。福知山市と舞鶴市では水位上昇や路肩の決壊で府道5カ所が通行止めになった。
 台風は夜までに近畿地方を通過し、府内16地区に発令していた土砂災害警戒情報はすべて解除した。
 気象台は、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、引き続き府内全域で土砂災害や河川の氾濫に注意を呼び掛けている。台風の影響で大気の状態が不安定になっており、21日朝まで雨が降りやすくなっている。丹後・舞鶴の沿岸部では高潮に注意が必要という。

最終更新:9月20日(火)22時16分

京都新聞